読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポール・マッカートニーのルーツを探る 「カンザス・シティ」

ポール・マッカートニーが1988年に旧ソビエト連邦でリリースした『バック・イン・ザ・USSR』の一曲目は、ビートルズ時代にもカバーしていた「Kansas City」である。

もともとはロサンゼルス出身の二人の青年、ジェリー・リーバーとマイク・ストローラーによって書かれた。

この曲を書いたときは、二人ともカンザスには行ったことがなく、カンザス出身のブルース・シンガー、ビッグ・ジョー・ターナーの歌にインスパイアされて書いたものだという。

リーバーとストローラー二人は、リトル・ウィリー・リトルフィールドという歌手のためにこの曲を書き、リトルフィールドは1952年にレコーディングしている。

リリース後、一部では人気が出たものの、全米で受け入れられるほどヒットはしなかった。

 

1959年にR&Bシンガーのウィルバート・ハリスンがカバーバージョンを発表し、これがビルボードNo.1ヒットとなった。

 

しかしながらポールがビートルズ時代やソロでカバーしているのは、このバージョンではない。

このウィルバート・ハリスンのヒットの後、リトル・リチャードが「Hey, Hey, Hey, Hey」という曲をメドレーで追加したバージョンを発表した。

ポールのカバーしたのはこちらの「Kansas City/Hey, Hey, Hey, Hey」である。

ウィルバート・ハリスンの「カンザス・シティ」はNo.1になった一方、このリトル・リチャード・バージョンは大きなヒットにはなっていない。

それにもかかわらず、あえてリトル・リチャードのカバーをしたという事実は、ポール・マッカートニーがいかにリトル・リチャードの影響を受けていたかを表している。