読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボブ・ディラン 『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』リリースに先駆けて行われたインタビュー

 

この「AARP」という雑誌に、ボブ・ディラン約3年ぶりのインタビューが掲載された。

 

f:id:musique2013:20150126172144j:plain

 

まもなくリリースされるニュー・アルバム『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』のプロモーションのために行ったものである。

 

シャドウズ・イン・ザ・ナイト  

 

 

このアルバムはすべてカヴァー曲で占められており、全曲がフランク・シナトラによって歌われていることから、「シナトラ・カヴァー・アルバム」と呼ばれてきた。

 

f:id:musique2013:20090307125819j:plain

 
(ニュー・アルバムの収録曲については「ボブ・ディラン ニューアルバム『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』 収録曲について予習しよう - ロックの歴史を追いかける

」 を参照。)

 

そのシナトラについて、ディランは語る。

 

彼は山のような存在だ。

 

登らなければいけない山 - たとえその途中までしか行けなかったとしてもね。

 

彼が歌っていない歌を探すほうが難しい。

 

フランクは人に歌いかける。

 

人に対して歌うのではないんだ。

 

私は人に対して歌うような歌手には決してなりたくなかった。

 

いつも人に歌いかけたいと思ってきた。

 

以上、出典:Bob Dylan gives first interview in three years to AARP magazine | Grand Forks Herald

 

また自分とシナトラとの相違点を聞かれて:

 

私をフランク・シナトラと比べろって?冗談言わないでくれ。

 

彼と同じ世界で語ってもらえるだけで、素晴らしいほめ言葉なんだよ。

 

彼に追いつけるかどうか、という点で見れば、かつて誰も追いついたことなどない

 

私だけではなく、誰一人そんな人はいないのだ。

 

今回のような古い歌が若い人たちには「corny」(古臭い、感傷的な)に聞こえる可能性があることは気にならないか、との問いには:

 

「corny」という言葉の意味は一体なんなんだい?

 

これらの歌は美徳を歌った歌なのだ

 

現代の人たちは、悪徳や虚飾に取り囲まれて生きている。

 

野心、強欲、そして身勝手さが悪徳の根源なんだ。

 

遅かれ早かれ、人々はそれを見破らなければいけない。

 

さもなくば人は生きてゆくことなんか出来ないはずだ。

 

一方老いを重ねることについて、こんな意見も述べている。

 

情熱というのは若い人が傾けるものだ。

 

若い人は情熱的になれるからね。

 

人は歳をとったらもっと知恵を持つようになる。

 

つまり、ある程度人生を経験したら、何かしら若い人たちに引き継いでいくものなんだ。

 

若い振りをしてはいけないよ。

 

自分を傷つけることになるからね。

 

最後に、幸せについて聞かれたディランはこう答えている。

 

多くの人がこの人生には幸せがない、なんて言う。

 

確かに、永遠に続く幸せなどはないだろう。

 

しかし自分自身を満たすことができれば、それが幸せを導いてくれるのだ

 

その瞬間満足したということ 、例えば「うん、おいしい食事だった」という一言だけで幸せになれる。

 

もちろん、次の瞬間にはその幸せはなくなっているかもしれないがね。

 

以上、出典:AARP cover boy Bob Dylan on Sinatra and happiness