エリック・クラプトンのギター① フェンダー・テレキャスター

フェンダーストラトキャスターとマーチン・アコースティックのイメージが強いエリック・クラプトンだが、このスタイルにたどり着くまでいろいろなギターを使用してきた。

キャリアのスタートとなったヤードバーズ時代、クラプトンが使っていたのはフェンダーテレキャスターだった。

f:id:musique2013:20111120223231j:plain

このギターについての記録はあまり残っていないようであるが、2009年のツアーパンフレットによると、クラプトンが購入した2番目のエレキギターということが分かっている。また、このギターにつなげて使っていたアンプはVOX AC-300であった。

クラプトンは当時まだ10代後半であったが、このヤードバーズ時代にすでに一部で「God」と呼ばれ始めた。つまりフェンダーテレキャスターは、この”神”の誕生を支えたギターでもあったのだ。

f:id:musique2013:20140208161553g:plain

 Fender Japan フェンダージャパン TL-STD CAR