読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフ・ベックが使用した「ジャクソン・ギター」とは?

ジェフ・ベック

 

今から30年前の1985年7月、ジェフ・ベックはアルバム『Flash』をリリースした。

 

 

 

前作『There and Back』(1980年)以来5年ぶり、ソロ名義で活動を始めてから通算4枚目のアルバムとなる。

 

ジェフ・ベック自身はこのアルバムを「レコード会社がやらかしたへま」と呼び捨てており、いわゆる「チャートでヒットするアルバム」を目指したことを後悔しているようなコメントも残している。

 

その一方、ロッド・スチュワートとの共演が話題となった「People Get Ready」がシングルヒットしたり、「Escape」がグラミー賞を受賞するなど、商業的には決して失敗作だったわけではなかった。

 

【当時最新のギターを使用】 

この「People Get Ready」でジェフ・ベックが弾いているのは、いつものフェンダーストラトキャスターではない。またこの曲のプロモーションビデオで登場するテレキャスターでもない。

 

ジャクソン・ソロイスト」と呼ばれるギターを演奏している。

 

f:id:musique2013:20050206033229j:plain

 

ジャクソン・ソロイストは「ジャクソン・ギター社」の製造するエレキ・ギターで、1980年代初頭から開発が始められており、1984年から一般に発売された。

 

つまりこのギターがまだ市場に出回り始めたころに『Flash』はレコーディングされていたのである。

 

このギターはいわゆる「スーパーストラトキャスター」と呼ばれるギターの一種とされる。

 

ネックの木材がそのままボディの下まで続いて使われている「スルーネック」の構造が用いられ、ビブラートユニットは「フロイド・ローズ」が使用されている。またボディは最高品質の木材を使用しており、値段も比較的高価である。

 

後のインタビューでジェフ・ベックはこう述べている。

 

あのギターの見た目が気に入ったんだ!

でも私には合わなかった…

あれは妖精の弾くギターだよ、まったく!

音が柔らかすぎてふわふわしているし、強くコードを弾くとブリッジのところに振動を感じたほどだ。

強く弾くと音があちらこちらに散らばってしまう感じだったんだ。

ネックも長すぎたしね。

でもセッションの間ずっと弾き続けて、何とか音を出すことができるようになった。

 

また、このアルバムの1曲目である「Ambitious」でもジャクソン・ソロイストを弾いている。

 

「Ambitious」のソロもジャクソンで弾いた。

あのソロは他のどのギターでも再現できない。

ジャクソン・ソロイストにはそういう注目に値する部分もあるんだ。

 

 

 

ジェフ・ベック使用ジャクソン・ギター① ピンク・ソロイスト「Tina」】

ジェフ・ベックは少なくとも2種類のジャクソン・ソロイストを所有していたとみられている。

 

ひとつは通称「Tina」というピンクのソロイストである。

 

   

 

このギターはその後一般に流通するフロイド・ローズではなく、「ケーラー・ブリッジ」が搭載されていた。

 

「Tina」という通称は、ティナ・ターナーがこのギターのボディに自分の名前を彫り込んだために付けられたものである。

 

(こちらの写真でも不明瞭だが確認することができる。) 

f:id:musique2013:20150723043745j:plain

 

1984年にリリースされたティナ・ターナーのアルバム『Private Dancer』のタイトル曲にジェフ・ベックは参加し、このピンクのジャクソン・ソロイストを演奏している。

 

ジェフ・ベック使用ジャクソン・ギター② オレンジ・ソロイスト】

「Tina」ギターにあまり満足できなかったジェフ・ベックは、同じジャクソン・ソロイストのオレンジボディを弾き始めた。

 

f:id:musique2013:20150723044811j:plain

 

白のピックガードがついており、こちらはフロイド・ローズが搭載されていたため、ケーラー・ブリッジよりはジェフ・ベックの好みに近い音であったらしい。

 

またこのデザインはフェンダーテレキャスター・ベースにインスパイアされたものと言われている。

 

f:id:musique2013:20110701110838j:plain

 

 【その後のジェフ・ベックとジャクソン・ギター】

Flash』の後は、今日に至るまでジェフ・ベックとジャクソン・ソロイストの組み合わせを目にすることはない。

 

ジャクソン・ソロイストは特にハードロックやヘヴィ―メタルのギタリストたちに愛用され続け、今日でも人気のギターである。

 

一方ジェフ・ベックは、その後3年間アルバムをリリースしていない。

 

その間、彼は何をやっていたのか?それは新しい演奏方法の習得であった。

 

4年後の1989年にリリースされた『Jeff Beck's Guitar Shop』では、ストラトキャスターのアームでメロディを奏でるという、文字通り「神業」を聴かせてくれるのである。

 

ジェフ・ベック関連書籍 新着情報>

ジェフ・ベック ―孤高のギタリスト [上]  

 

ジェフ・ベック ―孤高のギタリスト [下]  

 

バンド・スコア ベスト・オブ・ジェフ・ベック