読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビートルズ 50年前の年越しはロンドンでクリスマス・ショー 

ビートルズ

 

今から半世紀前、ザ・ビートルズはすでに世界最高の人気を誇っていた。

 

f:id:musique2013:20150128224558j:plain

 

1964年2月にアメリカ上陸を果たし、7月には映画『ア・ハード・デイズ・ナイト』を公開、同名のサントラ盤は全曲レノン=マッカートニーのオリジナル曲で占められており、文字通り自作自演ですべてを作り上げることができる「アーティスト」としての能力が開花していた。

 

しかしながら、世間の見方、さらにマネージメントやショービジネス界の彼らに対する取扱いは、まだ「アイドル・グループ」の域を出ていなかったようである。

 

 

【カヴァー曲が復活した『ビートルズ・フォー・セール』】

 

1964年12月4日、本国イギリスで4枚目のアルバム『ビートルズ・フォー・セール』がリリースされた。

 

 

 

前作『ア・ハード・デイズ・ナイト』は上記の通り全曲オリジナルで構成されていた一方、『フォー・セール』は14曲中6曲がカヴァー曲で占められていた。

 

1964年後半のビートルズのスケジュールは、殺人的なものであった。

 

7月に『ア・ハード・デイズ・ナイト』の映画公開とサントラ盤のリリースを行うと、8~9月には渡米しアメリカ・ツアーを行い、帰国すると今度は10~11月わたってイギリス・ツアーを行っている。

 

このような超多忙の中、ジョンとポールは作詞作曲を続けていたが、次のフル・アルバムに必要な14曲はまだそろっていなかった。

 

f:id:musique2013:20150128225607j:plain

 

しかし、当時のレコード会社は一定のスピードで新作を出し続けることをビートルズに要求しており、前作から5ヶ月未満で次のアルバムをリリースしなければならなくなった。

 

このような無理な状況の中、結局は“穴埋め”のために昔のレパートリーから6曲を選んでレコーディングしたと見られている。

 

アルバム・タイトルの『Beatles for Sale』(ビートルズ売り出し中、売り払うためのビートルズ)というのも、こんなレコード会社の商業主義に対する彼らなりの皮肉であった、というのが今の定説である。

 

 

ビートルズによるクリスマス・ショー】

 

その年のクリスマスは、「Another Beatles Christmas Show」と題された連続ライヴ・コンサートがロンドンで催された。

 

f:id:musique2013:20150128230335j:plain

 

前年の1963年12月にも「The Beatles’ Christmas Show」と題された同様の連続ライヴ・コンサートが同じくロンドンで行われており、10万枚のチケットがソールドアウトになる大成功を収めていた。

 

マネージャーのブライアン・エプスタインは、人気の衰えを知らないビートルズにこの年も同様のことをやらせることにした。

 

f:id:musique2013:20150129094300j:plain

 

期間は1964年12月24日から、年を越して1965年1月16日まで。12月25日と27日、1月3日と10日は休演日であったが、ほかの日はすべて公演が行われた。

 

また、初日の12月24日と29日は1日1ステージのみであったが、それ以外は1日2ステージ開催されている。

 

この催しにはビートルズ以外にもサポート・アクトが参加しており、その中にはヤードバーズも含まれていたという。

 

ヤードバーズらによる前座の後、ビートルズは自分たちの演奏を始める前に、特別な衣装に着替えてスケッチ(寸劇)をやらされている。

 

f:id:musique2013:20150129093101j:plain

 

ビートルズのメンバーたちはこれを大変嫌っていたと言われており、その後一切このようなパフォーマンスは行わなくなった。

 

このショーのパンフレットにはジョンのイラストが使われていた。

 

f:id:musique2013:20150129093538j:plain

 

セットリストは以下の通り。

全11曲。うち4曲はジョンのリード・ヴォーカルの曲であり、さらにポールといっしょに歌う「Baby's in Black」、一部をポールが担当する「A Hard Day's Night」を含めると、事実上半分以上がジョンのヴォーカルによる歌で占められている。

  1. Twist and Shout
  2. I'm a Loser 
  3. Baby's in Black 
  4. Everybody's Tryin' to Be My Baby
  5. Can't Buy Me Love 
  6. Honey Don't
  7. I Feel Fine 
  8. She's a Woman
  9. A Hard Day's Night 
  10. Rock and Roll Music
  11. Long Tall Sally

 

【その後のビートルズ

 

このクリスマス・ショーの後は、4月までライブをした記録は残っていない。

 

この間ビートルズは2本目の映画『ヘルプ!』の撮影をしていた。

 

『ヘルプ!』公開後の1965年8月に再びツアーを始めたビートルズだが、結局1年後にはライヴ活動やめてしまうのである。