読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リンゴ・スター ニューアルバム『Postcards from Paradise』リリースに向けたインタビュー

 

f:id:musique2013:20140617031336j:plain

 

リンゴ・スターは3年ぶりのニューアルバム『Postcards from Paradise』をリリースした。

 

このリリースにあたり、リンゴが行った電話インタビューが「radio.com」のサイトに紹介されている。

 

インタビュアーは「彼はインタビューされることよりも、会話そのものを楽しんでいる」と、リンゴの印象を述べている。実際、以下の受け答えを読んでみると、リンゴの気さくな人柄を感じることが出来ると思う。

 

radio.com

 

 

Q. もう数年前になりますが、ジョン、ポール、ジョージからもらった葉書を載せた『Postcards from the Boys』という本を出版していますね。今でも葉書のやり取りをするのですか?

 

今はもう葉書のやり取りはしないね。メールばかりだよ。

正直言って、ほとんど誰も葉書を送ってくれることはなくなった。

僕たち(元ビートルズのメンバーたち)には昔からの習慣があるから、ポールは今でもたまに葉書を送ってくれることがあるけど、昔ほどではないよ。

 

Postcards from the Boys

 

 

Q. オールスターバンドが上手くいっているのは、なぜでしょう?

 

オールスターバンドのメンバーたちはお互いとてもなじんでいると思う。

みんなも気づいているとおり、今のメンバーでもう3年目になる。

僕はこのバンドが大好きだ。

プロモーターからツアーのオファーが来ると、僕はバンドのみんなに伝える。するとみんな「もちろん」って言ってくれるんだ。

今年の夏にツアーをしない理由は、僕が夏休みをとるためだよ!秋には再開して、カナダとアメリカの東海岸でライヴをたくさんやる予定だ。

 

(注:2013年の来日メンバーから、サックスのマーク・リヴェラがウォーレン・ハム(写真右端)に変更になっている)  

f:id:musique2013:20150406161637j:plain

http://www.ringostarr.com/ringo-starr-starr-band-kick-north-american-summer-tour-announce-additional-dates-october/

 

Q. ニューアルバム収録の「Island in the Sun」が、オールスターバンドと一緒にスタジオで作った初めての曲ですか?

 

今まで25年間、その時どきのオールスターバンドのメンバーをスタジオに招いて、曲を書いてレコーディングしようとしてきた。

一番初めのバンドメンバーたち(ジョー・ウォルシュドクター・ジョン、リヴォン・ヘルムなど)と始めたときすでに、僕は「このメンバーで曲を書くべきだ」と思ったよ。

でもなかなか実現しなかった。

 

去年の夏、サウンドチェックでジャムセッションをしていたんだ。

それが形になってきた。メンバーみんなが曲が出来てきているのに気づいた。

その次のサウンドチェックのとき、そのジャム曲から始めて、どんどん改良していった。

三度目のサウンドチェックのときには、曲が出来上がっていたんだよ。

ミシシッピー州の)ビロクシでライヴをするころには、私はみんなに声をかけ、「僕の部屋に来てくれ。この歌を書き上げよう!」と言ったんだ。

こうしてこの曲が出来上がったんだ。

リチャード・ペイジがいくつか書き、僕がいくつか書き、トッド・ラングレンがいくつか書き、それをひとつにまとめて「Island in the Sun」が出来上がった。

そしてみんなで僕のゲストハウスに行って、レコーディングしたんだ。

 

Q. 何年か前に、カントリーミュージシャンで構成したオールスターバンドを考えている、と言っていました。将来やりたいと思いますか?

 

ゲイリー・ニコルソン(ニューアルバムで「Let Love Lead」を共作)はナッシュヴィルの出身で、いつも僕を呼んでアルバムをつくろうとしていた。

僕はすでに1970年にカントリーレコードを作っている。

いいアイデアだと思うし、ぜひまたやりたいと思う。

いつかやろうと思っていることなんだ。

もし『Beaucoups of Blues』(1970年)のときみたいに素早くできたら素晴らしいだろうね。

あのアルバムにはたった2日しかかからなかったんだよ。

 

Beaucoups of Blues  

 

 

Q. ニューアルバムからライヴのセットリストに追加される曲はありますか?

 

ニューアルバムからは「Postcards from Paradise」と「Islands in the Sun」をやるよ。

 

Q. タイトルソング「Postcards from Paradise」にはビートルズの曲のタイトルがたくさん出てきますが、このアイデアはどのように思いついたのですか?

 

急にひらめいたんだ。

腰を下ろしてラヴソングを書こうとしていた。

恋人たちは「Mr. Moonlight」の下で愛し合う、という曲だ。

「Mr. Moonlight」を歌の中に入れたかったんだ。

続いて「Love Me Do」と「Eight Days a Week」を思いついた。

そうすると頭の中でどんどん膨らんでいって、これはいいアイデアだと思ったんだよ。

とにかく歌のことは考えずに、曲のタイトルをたくさん書き出した。

それをトッド・ラングレンに渡して、曲のタイトルを使って歌を書くという僕のアイデアを話した。

トッドがこれをまとめてひとつの歌にしてくれたんだ。

でも「I’ll love you when I’m 64」という歌詞には笑っちゃったよ。

もうその歳は過ぎてるんだから!

 

 

 

Q. Rock and Roll Hall of Fame 授賞式でのパフォーマンスでは、どの曲を演奏する予定ですか?

 

どの曲をやるかもう考えていて、決まっているんだ。

ゲストも何人か呼んで、一緒に演奏する。

でもどの曲をやるかは言わないよ!

プライズがなくなっちゃうからね。

一曲だけ教えてあげよう-「Yesterday」だよ(笑)

 

Q. 授賞式ではポール・マッカートニーがプレゼンターとして登場しますが、ポールもあなたのソロ曲のためにベースを弾くでしょうか?

 

いいや、バンドにはもうちゃんとしたベースプレイヤーがいるから(笑)。

冗談だよ、ポールは最も優れたベースプレイヤーだ。

地球上で最もメロディアスなベースラインを弾く。

僕はポールが大好きだ。

そしてみんなのことも大好きだ。

Peace and love! Goodbye!

 

f:id:musique2013:20150406153139j:plain

http://www.telegraph.co.uk/culture/grammys/10598532/Grammys-2014-Beatles-Paul-McCartney-and-Ringo-reunite-on-stage.html

 

ポストカーズ・フロム・パラダイス