読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボブ・ディランが「High Water」をささげたチャーリー・パットンについて調べてみた その1

ボブ・ディランLove and Theft』(2001年リリース)に収録されている「High Water (for Charley Patton)」。

 

このチャーリー・パットンとは一体どんな人物なのか調べてみたところ、いろいろ興味深い話が出てきた。

 

チャーリー・パットンは20世紀初頭に登場したアメリカのブルース・シンガーである。

 

ミシシッピー・デルタ地域が起源のブルース・スタイル「デルタ・ブルース」の象徴的存在でデルタ・ブルースの父と呼ばれている。

 

パットンの作った音楽の影響は、直接的には彼の周りのブルース・ミュージシャンたちに及んだだけであった。

 

しかしその周りのミュージシャンたちとは、ジョン・リー・フッカーハウリン・ウルフロバート・ジョンソンたちであり、これらのミュージシャンがのちのロック・ミュージックに多大な影響を与えていることを考えると、見方によっては20世紀アメリカ音楽の“開祖”と見なすこともできる。

 

このチャーリー・パットンの人物像には、いろいろ謎があるようだ。

 

まず、普通は「Charlie」とつづる名前であり、パットン本人もCharlieと書いていたにもかかわらず、なぜかCharleyとされている。その理由は定かではない。

 

19世紀終盤、戸籍制度などが整っていないところで誕生しているため、パットンの生まれた年も定かではないようだ。

 

1887年から1894年の間に生まれていることだけは分かっているようだが、おそらく1891年生まれという説が最も有力である。

 

また、彼の人種もはっきりしていない。

 

彼は黒人ブルース・ミュージシャンとされているが、実の父親に育てられていないといわれ、肌の色も薄く、顔の骨格も白人に近かった。

 

そのため、メキシコ系、もしくはインディアンの末裔という説もあるようだ。

 

ちなみに彼の写真はこの一枚しか残されていない

f:id:musique2013:20140927132415j:plain

 

パットンは1900年、同じミシシッピー州内の広大なプランテーション農場に移る。のちにデルタ・ブルースを発展させる数々のミュージシャンと知り合い、彼らはパットンの演奏能力に大きな影響を受けた。

 

パットンは19歳になるころにはすでにミュージシャンとして認められており、自分で作詞・作曲もしていた。

 

どのような種類のブルースも弾きこなしたと言われ、アメリカ南部で大きな人気を得るようになり、シカゴでは毎年コンサートをしていた。

 

パフォーマーとしても一流で、一説によると彼はギターを背中に回して演奏したり、頭の上にのせて演奏していたらしい。もちろんジミ・ヘンドリックスが登場する何年も前のことである。

 

1934年にはニューヨークでも演奏しているが、この年の4月、心臓疾患で死去。1891年生まれであれば、43歳でこの世を去ったことになる。

 

チャーリー・パットン「Pony Blues」