読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポール・マッカートニー 「Silly Love Songs」


「Silly Love Songs」はポール・マッカートニーがリンダ・マッカートニーと共作したウィングスのヒット曲。

ポールは音楽評論家や、さらにはジョン・レノンからも、「軽々しい歌ばかりを書くソングライター」としてからかわれていた。この「Silly Love Songs」はそれらの嘲りへのアンサーソングと言われている。

数年後にリリースされる「Goodnight Tonight」と同じく、「Silly Love Songs」にはディスコの影響がはっきりと出ているのが分かる。

この曲は2008年、ビルボード・ホット100の50周年を記念した「グレーテスト・ソング・オブ・オールタイム」で31位に選ばれている。

(「Silly Love Songs」はアルバム「スピード・オブ・サウンド(Wings at the Speed of Sound)」に収録。)

動画のライヴは、ポール・マッカートニーウィングスのDVD「ロックショウ」より。