読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キース・リチャーズ ディランの受賞やニューアルバムについて語る 「時々ミックのケツを蹴飛ばしてやる」

 

f:id:musique2013:20161118164725j:plain

 

72歳にしていまだに「キース・リチャーズ」というキャラクターが崩れていない ― そう感じさせるキースの最新インタビューが「New York Post」に掲載された(Keith Richards on Mick Jagger, his mom and Bob Dylan’s Nobel Prize)。

 

このインタビューはニューヨークで開催中のローリング・ストーンズ回顧展「Exhibitionism」に合わせ、ミック・ジャガーブライアン・ジョーンズと共同生活をしていた頃の話から始まる。

 

後半ではシェイクスピアまでこき下ろすような発言もしており、どうやらキースにはこの世で恐れるものは何もないようだ。

 

f:id:musique2013:20161118164021j:plain

 

キース:俺たち(キース、ミック、ブライアン)は掘立小屋みたいなところに住んでいた。

お袋には助けてもらったよ。

俺たちみんなの洗濯をして、キレイになった服を送り返してくれたんだ。

ブライアンには子分のような何でもしてくれる奴がいた。

みんなその男にはひどい態度をとったが、彼は使い走りとして雑用をやってくれたんだ。

茶色の袋に洗濯物を入れて小包にし、その男に切手代を渡す。

彼はそれを郵便局に持って行き、その5日後には出来上がった洗濯物を受け取ってきてくれるんだ。

お袋はこうしてバンドに貢献していた。

あのころはお袋が第6のストーンズだったんだ!

 

俺とミックとブライアンはその部屋の中でレコードプレーヤーの前に座り、シカゴブルースやカントリブルースを何時間も聴いていた。

このミュージシャンが何を弾いているのか、どうやればこの演奏に近づけるのか、ということを何とかして解明しようとしていたんだ。

俺たちはブルースにのめり込み、理想を思い描き、そして愚か者だったんだ!

 

f:id:musique2013:20161118164828j:plain

ローレン・スコットがデザインしたミック・ジャガーのステージ衣装。「Exhibitionism」で展示されている) 

 

【1960年代後半のインド哲学ブーム】

ブライアンもミックも、ビートルズマハリシにすっかり熱をあげていた。

でも俺は遠巻きに見ていたし、チャーリーはそんなものクソとも思っていなかった。

けばけばしいインドの衣装を着て髭を生やし、愛だ、愛だ、愛だって話ばっかりしてやがった。

 

俺はマハリシはクソみたいなやつだと思っていた。

軽蔑していたよ。

ジョンとポールが哀れだ。

ポールとは今でも友達だがね。

あれは短期間の流行だったんだ。

マハリシビートルズをダメにしてしまった。

俺はああいうことには興味がなかった。

「Gimme Shelter」を書くので忙しかったんだよ!

 

f:id:musique2013:20161118165031j:plain

(キースが自分でペイントしたギター。「Exhibitionism」展示)

 

 

ボブ・ディラン ノーベル文学賞受賞】

ボブに文学賞を与えるとは、ノーベル賞の人たちもずいぶん手広くやったと思ったね。

これで俺たちソングライターたちが初めて文学の世界に渋々ながら入ることになったんだ。

でもいいことだよ。 シェイクスピアなんていう野郎どもの仕事は、中世の吟遊詩人たちから歌詞を盗むことだったんだからな。

 

f:id:musique2013:20161118165136j:plain

 

 

【最新アルバム『Blue and Lonesome』】

ストーンズは3日間で12曲を完成させた。

それがこのレコードに入っている。

エリック・クラプトンが隣のスタジオにいたから、あいつに演奏させた曲も入っている。

エリックは演奏を始める前からストーンズの一部だったよ。

俺たちがクラブで演奏していたときから、彼はストーンズの一番のファンの一人だったんだ。

 

Blue & Lonesome 

 

 

このアルバムを聴けば、ミックがバンドの一部としてどれほど貢献しているか、そして彼がどんなミュージシャンであるかが分かるだろう。

彼はショーマン(show man)だから、本当の才能の多くが隠れたままになっているんだ。

しかしこのレコードではミックは自分を堂々と表に出している。

俺はいつもこの男を敬愛してきた。

時々あいつのケツを蹴り飛ばしてやる必要があるだけだ!

※「kick ass」は「罰を与える」または「やっつける」といった意味で使われる。

 

f:id:musique2013:20161118165156j:plain

 

   

 

nypost.com