読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キース・リチャーズとギブソン・ファイアーバードVII

ローリング・ストーンズ

 f:id:musique2013:20151014135953j:plain

 

2015年はザ・ローリング・ストーンズの「Satisfaction」のリリースから半世紀という記念すべき年である。

 

この曲については歌詞の内容もさることながら、冒頭のリフが「Satisfaction」という曲、1965年という年、そしてローリング・ストーンズというバンドを象徴しているといえる。

 

キース・リチャーズの演奏するこのリフは、彼のトレードマークになっているフェンダーテレキャスターで弾かれたものではなく、「ギブソン・ファイアーバードVII」で演奏されたものである、というのが定説となっている。

 

 

【ファイアーバードVIIとローリング・ストーンズ

1965年ごろのキースとブライアン・ジョーンズは、新たなサウンドを追及しさまざまなギターを試していた。

 

そのうちの一機種がこのギブソン・ファイアーバードVIIで、ブライアンは数本所有していたとも言われている。

 

f:id:musique2013:20100311102306j:plain

 

このギターには「リバース」と「ノン・リバース」があり、ブライアンもキースもその両方を演奏している写真が残っている。

 

f:id:musique2013:20151014140207j:plain

 

f:id:musique2013:20151014140223j:plain

(ノン・リバースのファイアーバードを弾くブライアン(上)とキース(下))

 

ブライアンがリバースを弾いているときはキースがノン・リバース、ブライアンがノン・リバースのときはキースがリバース、という「マッチング」で弾いていた、という話も残っている。

 

当時は二人ともロンドンの楽器店で手に入ったギターを片っ端から試用していたようだが、この「ファイアーバード」については自分たちで買ったものではなく、ギブソン社から贈られたものであった。

 

f:id:musique2013:20151014132828j:plain

 

 

【ファイアーバードVIIというギター】

ギブソン社はこの「ファイアーバード」のラインナップを1963年に開始し、その後「I」「III」「V」「VII」の4種類が出されている。

 

3つのハムバッキング・ピックアップやビブラート・テイルピースがこのギターの特徴で、通常のギターをひっくり返したような形をしているため「リバース」の名前がつけられた。

 

f:id:musique2013:20151014133344j:plain

 

上記のノン・リバースが出されたのは1965年になってからであった。

 

 

【「Satisfaction」のレコーディング】

キースがギブソン社からファイアーバードを贈られた時に、いっしょにアンプ「Gibson Titan V」とペダル「Maestro Fuzz-Tone」も贈呈されており、「Satisfaction」のリフはこれらの機材を使用して演奏されている。

 

f:id:musique2013:20151014130922j:plain

 

f:id:musique2013:20151014134113j:plain

 

f:id:musique2013:20151014134131j:plain

 

しかしこれらの機材をそろえても、実際のレコードどおりの音は出ないといわれている。

 

レコードでリリースされたバージョンでは、ファズ・エフェクターの効果にもっと厚みが出るよう、ミックスの段階で音が調整されているからだ。

 

ギブソン社がファイアーバードをプレゼントする前に、すでにストーンズは「Satisfaction」の初期バージョンをレコーディングしていた。

 

そのバージョンではハーモニカが使われ、ギターにもファズ・エフェクトはかけられていなかったという。

 

 

なおギブソン・ファイアーバードは、近年ではキースではなくロニー・ウッドが弾いている姿がしばしば見られる。

 

f:id:musique2013:20151014133147j:plain