読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キース・リチャーズ 『Crosseyed Heart』 リリースへ

ローリング・ストーンズ

f:id:musique2013:20150906155406j:plain

 

キース・リチャーズのソロアルバム『Crosseyed Heart』が2015年9月18日にリリースされる。

 

1992年10月にリリースされた前作『Main Offender』以来23年ぶりのスタジオ・アルバムとして、すでに注目を浴びている。

 

キースのソロプロジェクトである「the X-Pensive Winos」のメンバーによってレコーディングされており、1曲を除いた収録曲のすべてがキースとドラマーであるスティーヴ・ジョーダンによる作詞作曲。

 

f:id:musique2013:20110422142749j:plain

 

 

【リリースまでの経緯】

2011年、すでにキースは「新しいソロアルバムが出来つつある」と語っていた。

 

しかし、その半年後にはストーンズがツアーに向けてリハーサルを開始したというニュースが流れ始めた。

 

翌2012年、ストーンズはデュー50周年を祝う「50 & Counting」ツアーを開始し、これが2013年まで続いた。

 

さらに2014年も日本公演を含む「14 on Fire」ツアーが始まった。

 

2014年9月になると、いよいよソロアルバムが完成したというニュースが伝わっていたが、リリースについてキースは「ストーンズのツアーが終わった後だから、来年(2015年)だな」と述べていた。

 

この時点では2015年の「Zip Code」ツアーは発表されていなかったが、すでに決まっていたということだろう。

 

そして2015年7月15日のカナダ・ケベック公演で「Zip Code」ツアーが終了すると、その直後にこのニューアルバムが正式に発表となった。

 

7月17日、ファーストシングル「Trouble」がリリースされた。

 

 

 

我々ファンにとってはじっくり待たされたアルバムとなったが、レコーディングそのものもじっくり行われたようである。

 

アルバム作りは急いで行わなかった。

 

月に一回か二回、このニューヨークのGermanoスタジオに(エクスペンシブ・ワイノズと)集まった。

 

一日に数曲だけ演奏して、数曲のトラックをレコーディングしていった。

 

いつもレコーディングするときは「もうあと5日しかない」という気分だったが、このレコードはじっくり時間をかけたんだ。

 

 

ストーンズのニューアルバムは…?】

いったんツアーを終えたストーンズだが、スタジオアルバムはちょうど10年前にリリースされた『A Bigger Bang』が今のところ最後となっている。

 

2015年4月に行われたインタビューでキースは「ストーンズのニューアルバムについて話している」といいつつも、「何も決まってはいない。メンバーをスタジオに戻したいと思っている」と述べるにとどまっている。

 

 

【ニューアルバムリリースに伴うキースの動き】

今回の『Corsseyed Heart』がリリースされる9月18日その日に、今話題になっている動画配信サービスNetflixでキースのドキュメンタリー『Under the Influence』が放映開始になることが決まっている( 日本での配信開始は未定)。

 

f:id:musique2013:20150906164155j:plain

 

また過去の2枚のソロ・アルバム『Talk Is Cheap』と『Main Offender』のデジタルリリースも発表された。

 

 

 

キースは『Crosseyed Heart』リリースに伴うソロツアーなどは考えていないとしながらも、新しいアルバムを出した後はいつもそれをツアーで演奏してきた、とも付け足しており、ソロライヴの可能性を匂わせている。

 

 

【「つねにインスピレーションを得ている」】

最後に、キースの公式YouTubeチャンネルにアップされた最近のインタビューで、彼の曲作りに対するコメントに注目したい。

 

どんなものにも、誰が演奏するものにも、その背後にはインスピレーションと言うものがある。

 

ミュージシャン、とくにソングライターにとって、インスピレーションを得ることを止めることはできない。

 

レストランでディナーの最中、別のテーブルの会話が耳に入り、そこで「これが曲になる」という瞬間がある。

 

ナプキンとペンをくれ!っていうことになるんだ(笑)

 

そこで話されていることに共鳴する、という感じだと思う。

 

たった一つのフレーズが歌になったり、全体の雰囲気になったりするものだ。