ポール・マッカートニーのパーソナル・アシスタントが語るポールの使用楽器 (2013年来日公演でのインタビュー)

 

 

f:id:musique2013:20150420224326j:plain

 

現在来日中のポール・マッカートニー

 

彼が2013年11月に来日した際、イギリスの新聞「The Daily Telegraph」紙が東京ドームの控え室で取材を行い、ポールについての特集記事を掲載した。

 

その記事には、ポールのパーソナル・アシスタントと楽器のローディーを長年務めてきたジョン・ハンメル氏への短いインタビューが含まれている。

 

このインタビューでは、ポールが現在し使用している楽器についてごく簡単にではあるが説明がされていて、興味深い。

 

以下、その和訳。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

東京ドームのステージは準備が整い、コンサートの開始まで1時間を切った。

5万人のファンはすでに座席につき、コンサート前のうきうきした雰囲気は徐々に盛り上がりを見せている。

 

サー・ポール・マッカートニーの長年のアシスタントでギター・ローディーのジョン・ハンメルは、自分のボスの仕事道具の詳細を説明してくれた。

 

「これが「Taxman」のギターソロを弾いたときのエピフォン。そしてこれが1963年製のヘフナーだ」とハンメルはこのベースを器用に持ち上げて言った。

 

f:id:musique2013:20150420232201j:plain

 

ハンメルは過去40年間にわたって、サウンドチェックを終わらせた後の暗がりの中で、勤勉に両手を動かしてきた。

 

「以前はセットリストが貼り付けられていたんだ。タバコケースの裏に書かれたもので、ポールがキャンドルスティック・パークで書きつけたものだった」とハンメルは語る。1966年8月29日、サンフランシスコの野球場で行われたビートルズ最後の公式コンサートのときのことである。

 

f:id:musique2013:20150420233153j:plain

https://luciazanetti.wordpress.com/2013/02/06/candlestick-park-stadium-local-do-ultimo-show-dos-beatles-sera-demolido/ 

 

「だんだんボロボロになっていったから剥がしてしまったんだ」。

 

この2台の楽器が「歴史的」な楽器だ、と彼は言う。つまりビートルズ時代からのビンテージ物、と言う意味だ。

 

しかし、ここにある2台の航空運搬用ボックスの中には、もっとたくさんの歴史が詰め込まれている。

 

ハンメルはまずエピフォン・アコースティックを取り出した。

 

「これは1964年に『エドサリヴァン・ショー』でポールが「Yesterday」を演奏したものだ」

 

全米で7,300万人が視聴した世界的に有名なこのテレビ中継は、ビートルズの全米デビューであり、50年前に世界的なビートルマニア地獄の火をつけたのである。

 

間違いなく「歴史的」なギターではないか。

 

(注:この記事ではポールがYesterdayを歌ったエドサリヴァン・ショーがビートルマニアの発端となったかのように書かれているが、実際は、ビートルマニアと呼ばれる現象は1964年に始まっており、ポールがYesterdayを歌ったのは1965年である。)

 

 

 

ハンメルは次に、1960年製ギブソン・フレーム・トップを手に取って見せてくれた。

 

「これはとても珍しいギターなんだ。左利き用で、何年も前にリンダがポールに買ってあげたものなんだよ」。

(注:左利き用ギブソンレスポールは、1960年には3本しか製造されていない。)

 

f:id:musique2013:20150420235121j:plain

http://www.lespaulforum.com/forum/showthread.php?187197-Name-me-some-1960-Les-Paul-players 

 

10本ほどのベースやギターの横には、1920年代物のウクレレがある。

 

「これはジョージがポールにプレゼントしたものだ。きっと『アンソロジー』をやっていた頃だと思う…」とハンメルは眉をひそめた。

 

f:id:musique2013:20050101180636j:plain

https://proukulele.wordpress.com/2013/05/22/ukuleles-para-canhotos/

 

ジョージとはもちろんジョージ・ハリスン、『アンソロジー』とは1995年に発表されたビートルズのドキュメンタリーとCDのシリーズである。

 

そして「ジョニー・デップがポールにこのギターをあげたんだ」と言い、「バラット」の葉巻箱ギターを持ち上げた。

 

これは、フー・ファイターズデイヴ・グロールが監督した2013年のドキュメンタリー『Sound City』に登場したギターである。

 

 

 

このドキュメンタリーの出演により、ポールはグラミー賞を受賞した。

 

彼は他にもウィングスのアルバムのリイシュー盤、そして2012年リリースのカヴァーアルバム『Kisses on the Bottom』でもノミネートされた。

 

最新アルバム『NEW』は2014年のグラミーにノミネートされていない。

 

「それからこのマンドリンで、ポールは娘のベアトリスのためにちょっとした曲を書いたんだ」。

 

その曲は「Dance Tonight」で、2番目の妻ヘザー・ミルズとの間に生まれた娘にインスパイアされ、2007年リリースのアルバム『Memory Almost Full』に収録されている。

 

「ポールはキッチンでこの曲を書いたんだ。プロモーションビデオでは、ナタリー・ポートマンとそれを再現しているよ」

 

 

 

   

出典:

www.telegraph.co.uk