読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボブ・ディラン『血の轍』 リリースにいたるまでの紆余曲折

ボブ・ディラン

ボブ・ディランの最高傑作(の一つ)と言われる『Blood on the Tracks(血の轍)』は1975年1月20日にリリースされた。

 

f:id:musique2013:20150108122718j:plain

 

スタジオアルバムとしては1年ぶり、ディラン15枚目のスタジオアルバムとなる。

 

ちょうど一年前の1974年1月にはザ・バンドとのアルバム『Planet Waves』がリリースされており、リリース後にはジョイントでツアーも行っている。

 

 

 

このツアーの模様はライヴ・アルバム『Before the Flood』として1974年6月にリリースされた。

 

 

 

このツアーの途中でディランはニューヨークに数週間滞在し、美術教室に通っていたらしい。

 

ディランはそこで絵を教えていた画家ノーマン・リーベンにより、「時間」についての認識方法を新たに学んだという。

 

無意識に感じていることを意識的に行う、というものの見方をリーベンに教わった。

 

この方法で最初に作ったのが『Blood on the Tracks』だった。

 

このアルバムが今までの私の作品と異なることは、みんなが同意してくれるだろう。

 

歌詞の中に暗号があり、また時間の感覚というものがない ― それが異なるところなのだ。

 

 

【マイク・ブルームフェルドとのコラボ】

 

当初ディランは、エレキギターをフィーチャーした音作りをするつもりであった。

  

そこでディランは、以前『Highway 61 Revisited』をレコーディングした際にリード・ギターを担当したマイク・ブルームフェルドに連絡をとり、セッションに参加してもらった。

 

f:id:musique2013:20150108124034j:plain

 

ディランは自分の用意していた曲の数々をブルームフェルドに演奏して聞かせたが、ディランが余りにも簡単にすばやく弾いてしまうため、ブルームフェルドは曲を覚えることができなかったらしい。

 

全部同じ曲に聞こえたんだ。

 

どの曲も同じキーで演奏された。

 

どれも長々と続く曲ばかりだった。

 

僕の人生の中でも最も奇妙な体験のひとつだったよ。

 

僕がぜんぜん曲を覚えないもんだから、ディランはあきれていた。

 

(ブルームフェルド)

 

結局、ディランはブルームフェルドとロック・バンド編成のレコーディングをすることをあきらめ、すべての曲をアコースティック編成に編曲しなおした。

 

   

 

【アコースティック編成でのレコーディング】

 

こうして1974年9月16日、ニューヨークでレコーディングは開始された。

 

f:id:musique2013:20150108145008j:plain

 

しかしこのアコースティック編成のレコーディングでも、ディランはたった2日でバックバンドを解雇している。

 

このアルバムを担当したエンジニア、フィル・ラモーンによると「ディランはリハーサルで取り入れたメロディを、次のバージョンではまったく別物にしてしまったり、場合によっては一部を削除してしまう」というやり方を、まわりの人に伝えることなく行っていたという。

 

そのため、バックをつとめるはずであったバンド「デリヴァランス」がディランに付いて行けなかった、というのが理由らしい。

 

その後、新たにミュージシャンを集めて何とかレコーディングを済ませたディランは、同年1974年11月までにミキシングも終わらせていた。

 

レコード会社コロンビアも、74年のクリスマスまでのリリースを希望していた。

 

f:id:musique2013:20150108145122j:plain

 

 

【アルバムの半分を再レコーディング】

 

しかし試聴版のレコードを聴かされたディランの弟デイヴィッドは、このアルバムは売れないのではないか、とディランに伝えた。

 

音作りが余りにも飾り気がなく"むき出し"な感じがする、とデイヴィッドは感じたのである。

 

f:id:musique2013:20150108124542g:plain

(一番左がデイヴィッド・ジマーマン)

 

このアドバイスを聞いたディランは、デイヴィッドが集めたミュージシャンとともに急遽5曲をレコーディングしなおした

 

1974年12月に再度レコーディングされたのは以下の5曲。 

  • Tangled Up in Blue
  • You're a Big Girl Now
  • Idiot Wind
  • Lily, Rosemary and the Jack of Hearts
  • If You See Her, Say Hello

つまりこの5曲については、アルバムに収録されている残りの5曲とはバックバンドやレコーディング・スタジオが異なる。

 

結局すべての収録曲が完成したのは1974年の年末になってしまったため、リリースは年明けの1975年1月に持ち越されることとなった。

 

 

【「最高傑作」アルバムとしての評価】 

 

このアルバムはリリース当初からボブ・ディランの最高傑作という評価を得た。

 

全米チャート1位全英チャート4位を記録。また2003年に発表された「ローリング・ストーン」誌による「The 500 Greatest Albums of All Time」では16位となっている。

 

多くの批評家たちは、このアルバムはディランの当時のプライベート事情が題材になっていると見ているようだ。

 

ディラン自身はこれを否定しているが、その一方、息子でミュージシャンのジェイコブ・ディランは「両親が話をしているよう」なアルバムだ、と語っている。