ジャニス・ジョプリン 『チープ・スリル』

f:id:musique2013:20141219130458j:plain

 

バンド「ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー」は1967年にモントレー・ポップ・フェスティヴァルに出演し、そのパフォーマンスが評判を呼んで注目を集めていた。

 

 

 

翌1968年8月、『Cheap Thrills』をリリース。10月にはビルボードチャートでNo.1になり、その地位を合計8週間(断続的)確保した。

 

1968年の終わりにはすでに100万枚を売上、その年の最も成功したアルバムの一つとなった。

 

しかし12月にはヴォーカルのジャニス・ジョプリンがバンドを脱退したため、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニーとしての成功は、短期間で終わった。

 

 

 

 

『Cheap Thrills』のアルバム・ジャケットは漫画家ロバート・クラムの画。

 

バンドの当初のアイデアはメンバー全員が裸でベッドに横たわっている写真をジャケットとして使う、というものだったが、これはレコード・カンパニーによって却下された。

 

クラムの絵はもともとはジャケットの裏側に使われる予定であり、表面はジャニス・ジョプリンの顔をフィーチャーするはずであった。

 

しかしクラムのファンであったジャニスは、クラムの絵が表面に来るよう希望し、それが実現したものである。

 

 

また、このアルバムにはライヴ・レコーディングが収録されている。

 

アルバム・ジャケットには「Bill Graham's Fillmore Auditorium」でのライヴ録音と記されているが、実際は「Winterland Ballroom」という会場でのライヴを収録したものだと言われている。

 

(なお、ジャニスの死後、『ジャニス・ジョプリン/ライヴ・アット・ウィンターランド’68 』というライヴ・アルバムがリリースされている)

 

 

 

チープ・スリル