読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャーリー・ワッツ 自身のドラム・キットについて語る

 

   

ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが自身のドラム・キットについて説明している動画をYouTubeで見ることができる。

 

ロック・ミュージシャンにはよくあることだが、チャーリーもまたまったくの独学でドラムの演奏を身に付けたと述べている。

 

 

以下、和訳。

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

1956製か57年製のグレッチだ。

ラウンド・バッジだから、コレクターにとってはとても重要だね。

このようなドラムはみんなが演奏したいと思うだろう。

 

これを演奏し始めたのは1970年代の始めころだ。

ロサンゼルスでロニー・ウッドとセッションをしていた。

彼の多くのソロ事業の一つだったよ。

ロニーはSIRからドラムキットを借りてきた。

(訳注:「SIR」はアメリカで音楽スタジオなどを運営する会社)

そこにあったドラムの中では、このキットが人気だった。

私もこれが気に入って、ロニーとのセッションでずっと使っていたのだ。

どのタイプだかは忘れたな…

それ以来ずっと使っているよ。

 

私はこのオーティス・レディングの曲が好きだ。

Going to A Go-Go」を演奏するのはすばらしいことだ。

ストレートな曲だし、グルーヴが効いている。

バンドはこのグルーヴに入り込んでしまうんだ。

「Going to A Go-Go」を演奏しているときは特にすばらしい。

タムタムが鳴り続けるのが聞こえるだろう。

 

私は今まで演奏を勉強したことがない。

人が演奏するのを見て、演奏方法を学んできた。

それらは私の好きなジャズ・ミュージシャンたちだった。

ジャズにとってはライド・シンバルはとても重要だ。

どのように叩くかによって音が変わる。

だが、ロック・バンドではそれほど重要ではない

まれにとても優れたロック・ドラマーで、シンバルをうまく演奏できる人がいるが、ロックでは必要なことではない。

またエンジニアたちも、シンバルの音が他の音を消してしまうのであまり好きではない。

私はそれ(シンバルが他の音を消してしまう様子)が好きなのだ。

それが私の演奏スタイルだからね。

コントロールはできないよ。

 

(私が使っている)ほとんどのシンバルがとても古い。

30年間使っているものもある。

いつもすぐ壊れてしまうものもある。

だが、私が使っているほとんどのモノは何年も持つ。

ドラムだけではなく、どんなものでもそうだ。

 

古いシンバルのコピーも使っている。

本物はとてもデリケートで、ツアーでは運べない。

ジャズを演奏するときに使っている。

 

また、本来ならピアノと合わせるシンバルも、バンドではギターに合わせて使う。

 

このチャイニーズ・シンバルはいつもは衝突音を出すために使う。

いつもとても強く叩くんだ。

だから端っこが割れてしまう。

もともとは、私が叩くような演奏方法のために作られたシンバルではない。

衝突音を出すためのシンバルではないのだ。

だから叩き続けていると、音が細くなってしまうんだよ。

 

f:id:musique2013:20141216183202j:plain