読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【追悼】 ボビー・キーズ 英紙ガーディアンが選ぶ5大パフォーマンス

 

ボビー・キーズ。享年70歳。

 f:id:musique2013:20141204144331p:plain

 

“It doesn’t matter how many times I’ve played Brown Sugar, I never get tired of playing it.”

 

「Brown Sugar」を何回演奏したかなんてどうだっていい。

飽きたことは今まで一度もないんだ。

 

イギリスの新聞「The Guardian」はこのたび、ボビー・キーズの5大パフォーマンスをまとめている。

 

 

ディオン・アンド・ザ・ベルモンツ 「The Wanderer」

 ディオン・アンド・ザ・ベルモンツはアメリカのヴォーカル・グループ。

1950年代後半に活躍した。

1960年に解散。

1960年代と70年代に一時的な再結成をしているが、それ以降このグループの活動はない。

 

The Very Best Of

 

 

 ジョー・コッカー 「The Letter」

このパフォーマンスでボビーは、自分がファンキーなブルースのセンスに長けた演奏ができるサックス・プレイヤーであることを証明した。

このようなスタイルは、当時の人気ミュージシャンたちの間で引っ張りだこだった。

 

The Letter (Live At The Fillmore East/1970)  

 

 

 

ザ・ローリング・ストーンズ 「Brown Sugar」

説明不要。

 

スティッキー・フィンガーズ  

 

 

 

ザ・ローリング・ストーンズ 「Can’t You Hear Me Knocking」

『Sticky Fingers』からもう一曲。

2分に及ぶ演奏からミック・テイラーのギターソロへつながる部分は、ボビーの名演奏のひとつ。

 

 

 

ジョン・レノン 「Whatever Gets You Through The Night」

ジョン・レノンの曲で生前唯一全米No.1に輝いた曲。

 

Whatever Gets You Thru The Night (2010 - Remaster)

 

 

ボビーはまたジョージ・ハリスンの『All Things Must Pass』にも参加している。

All Things Must Pass (Remastered) [+digital booklet]  

 

 

f:id:musique2013:20141204144634j:plain

私は世界で最も寛大な友達をなくした。

悲しみの気持ちは表しようがない。

でもボビーは、元気を出せと私に言うだろう。

 

彼を知るすべての人たち、そして彼の音楽に哀悼の意をささげる。

 

キース・リチャーズ