エリック・クラプトンのギター⑥ ギブソン・レスポール(“ルーシー”)

 

 

このギターは、「While My Guitar Genty Weeps」のギターとして記憶されるべきものである。

もともとエリック・クラプトンがニューヨークで購入したギターであったが、クラプトン本人はそれほど使用しなかったと言われている。

f:id:musique2013:20141020171120j:plain

 

1968年、クラプトンは友人であったジョージ・ハリスンにプレゼントとして寄贈した。

f:id:musique2013:20141020171251j:plain

 

ジョージはこのギターが赤くペイントされていたので、コメディアンのルシル・ボールにならって「ルーシー」と名付けた。

ルシル・ボール赤毛だったからである。

f:id:musique2013:20141020171651j:plain

 

当時ザ・ビートルズは、ロンドンで『ホワイト・アルバムに収録される曲のレコーディングの最中であった。

すでに4人でジョージの「While My Guitar」を何度か録音していたが、ジョージは自分のギター演奏に満足がいかなかった。

また、ジョン・レノンポール・マッカートニーも、ジョージの曲にはあまり真剣に取り組もうとしなかったため、ジョージが不満を持っていたとも言われている。

 

ジョージは、スタジオにビートルズのメンバー以外の人がいると、ジョンもポールも態度が良くなることを知っていた。

そこで、ジョージはクラプトンに連絡を取った。

「ギターは持ってこなくていい。

とてもいいレス・ポールが用意してあるからね」

このレス・ポールは、クラプトンがジョージにプレゼントした「ルーシー」だった。

クラプトンはたった1テイクでこのギター・ソロのレコーディングを仕上げた。

しかしクラプトン本人はビートルズと演奏することで舞い上がっていて、この時の様子はあまり覚えていないらしい。

 

この動画は、「ルーシー」のトリビュート・モデルが発売された際に、クラプトンがレス・ポールについて語ったもの。 

(以下、クラプトンのコメントの和訳) 

いい色だ。

傷までよく出来ている。すべて再現されているからだよ。

この色で正しかったかな?― そうだ、この色でいいんだと思う。

これは素晴らしく再現されたトリビュート・モデルだ。

 

ニューヨークで買ったと思う。

1960年代にはニューヨークで長い時間を過ごした。

クリームとしていつもツアーに出ていた。

クリームの時にこのギターを弾いていたかどうか覚えていない。

このギターで「While My Guitar Genty Weeps」を弾いた

アメリカからこのギターを(イギリスに)持ち帰ってきた。

これをジョージにあげようと思った。

私はすでに他のギブソンレスポールを持っていたからね。

 

   

 

ジョージは私にセッションに参加しないか、と聞いてきた。

彼は私をロンドンの私の自宅から連れ出し、 これからスタジオでレコーディングをするから一緒に来ないかと言ったのだ。

私の答えはYesだった。

しかしそのまま家を出てきてしまったので、自分のギターが手元になかった。

そこでジョージはこのギターを私に貸してくれた。

彼はちゃんとマーシャルのアンプも用意してくれていたんだ。

 

もともとレス・ポールとマーシャルはペアだった。

ブルース・ブレイカーズでもそうやっていた。

この二つの機材はペアで機能する、そんなところが私は好きだ。

50年代のブルースのように、とても分厚い音がするのだ。

 

B.B.キングやTボーン・ウォーカーのスタイルで(レス・ポールを)演奏したのは、フレディー・キングが最初だったと思う。

1音を奏で、チョーキングを使う。

最初に「Hideaway」を聴いた。

この歌のシングル盤を持っている人がかけてくれたんだ。

B面は「I Love The Woman」だった。

この曲では、短いがとても象徴的なブルース・ソロが聴ける。

この曲を16~17歳で知ったのはラッキーだった。

Hideaway Best of

 

 

そのあと、この曲の入ったフレディー・キングのアルバム『フレディー・キング・シングズ・ブルース』というアルバムを聴いたのだ。

確かではないが、たぶん彼はこのアルバムでレス・ポールを弾いていると思う。

ゴールド・トップだったかも知れない。

しかし、のちにレス・ポールサンバーストをロンドンの楽器屋で見つけたのだが、サンバーストにはハムバッキングが搭載されていた。

たぶんフレディー・キングが演奏していたのは、ハムバッキングが搭載されていたものだったと思う。

 

私はこのハムバッキングが搭載されているサンバーストを手に入れて、ジョン(・メイオール)と一緒に演奏することになった。

その結果、サンバーストは私の体の一部のように重要になった

私の礎になったのだ。

クリームを結成してから、あのギターは盗まれてしまった。

結局あのギターは「ビーノ・ギター」と呼ばれるようになった。

それから、私はゴールドトップを再び弾いてみたが…(私の答えはNoであった)

 

私のような単純な人間が何かを選ぶ、しかも本能的に。

それがとても説得力があるのだ。