読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キース・リチャーズが「ギブソン ES-350」について語ったコメント(和訳)

 

キース・リチャーズが所有する数あるギターのうち、この「ES-350」についてコメントしている動画がYouTubeにある。

 

f:id:musique2013:20141018103135j:plain

 

1995年にリリースされた『ストリップト』に収録されている「The Spider And The Fly」で、このギターを演奏している。

 

 

以下のコメントは、「よくライヴの前に楽屋でこのギターを弾いているようですが、ステージに上がる前にこのギターを弾くのはなぜですか?」というファンからの質問に答えたもののようだ。

 

自身の自伝『ライフ』でも語っているが、「エレキ・ギターをやる前にアコースティック・ギターを知らなければいけない」というキースの言葉が、特に重みをもって感じられる。 

 

 

(以下、和訳)

あまりにも大切すぎてステージには持っていかない。

変な動きをして壊したりしたくないからだ。

サイズも大きい。

 

スタジオやバックステージで使うのには最高だ。

音もやわらかく、きれいだ。

雨の日に野外のコンサート会場で演奏するには、ベストなギターではない(笑)。

つまりダメージを与えたくないのだ。

 

エレキ・ギター自体がとても不思議な楽器だ。

発明された時に最高の形になっていたのだから。

その後、フィードバック機能などいくつか新しいものが開発されたが、大きな変化はしていない。

 

結局、ギブソンフェンダーに尽きる

突然、完璧な状態でどこからともなく生まれたような楽器なのだ。

テレキャスターも、ストラトキャスターも、ギブソンも、すべてそうだ。

改良できるところなどない。

細かい機能と言う点では、たしかにいろいろ変化はあったが。

 

エレキは実に奇妙な楽器だ。

エレキ・ギターを知る前に、アコースティック・ギターを知らなければいけない。

確かにフィードバックやワウペダルなど、エレキには細かい芸がたくさんある。

でもアコースティックにギターの要素のすべてがあるのだ。

結局、アコースティックに電話を付けただけだろう(笑)。

もちろん、時代と流行に合っていなければいけないが。

 

どんなに機材が発達しても、最初に考え出されたギターに勝てるものはないのだ。

エレキの時代―つまり私のキャリアの時間と同じ、長い歴史だが―を経ても、やはり素晴らしい。

 

もちろんエレキはアコースティックとは違う。

どのように説明すればいいかわからないが、別の感触、別の感覚を紡ぎだすのだ。

不思議なことだ。