読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフ・ベックが自分のキャリアを語ったインタビュー動画より 本人コメントを和訳

ジェフ・ベックが、おそらく2010年に『エモーション・アンド・コモーション』をリリースした頃に行った記者会見の動画と思われる。

音楽雑誌「Mojo」のYouTubeチャンネル「WatchMojo.com」より。

ジェフ・ベック本人のコメント部分の和訳を以下に掲載した。

 

私をギター演奏に駆り立てるものは、満足できる曲を見つけ、その音楽を吸収し、自分で解釈する、ということだ。

 

私の今のスタイルがどこから来たかを言うのは難しいが、何年も音楽を聴いてきて、近づきたいと思った音楽-ロカビリー1960年代の音楽ジミ・ヘンドリックスラヴィ・シャンカール-が自分の中に積み重なっていったものだ。

ラヴィのG弦を曲げメロディーを奏でる方法などは、私に多大な影響を与えた。

 

アラブ音楽などの中東音楽にも影響を受けた。

アラブの政治問題などについては気にしていない。

音楽がいいと思ったら、そこで使われている方法を採用した。

 

バンドでは友情が築きあげられていく。

バンドのほうがソロ・プレイヤーよりも良いとみんなが言うだろう。

人気が出る、バンドが家族のようになる、そして問題や惨めさまで共有しいくんだ(笑)

 

昔の写真を見て、「ああ、ヘアスタイルがまずいな」と思うときがあるよ(笑)

 

ヤン・ハマーとの仕事、そして彼のテクニックは、何年も経った今でも際立っている。

 

ジョージ・マーティンとは仕事をしなくなった。

もっと攻撃的な音を作り出そうとしたからだ。

私はジョン・マクラフリンマハヴィシュヌ・オーケストラなどの影響を受け、彼の演奏を若干「近づきやすい」ものにした。

「近づきやすい」ものにした理由は、私にはジョン・マクラフリンの演奏技術を真似ることができなかったからだ。

だから若干薄めた、手を抜いたヴァージョンをやった。

しかしこれは楽しかったよ。

 

他のアーティストとのコラボレーションがずっとない時期があるかと思うと、突然15人と話が盛り上がったりする。

ジャック・ダニエルを何杯か飲んでいるうちに、約束をしたりするのだ。

 

モリッシーはすばらしいアーティストで、クリッシー・ハインズと近かった。そしてクリッシー・ハインズは私と親しかった。

こうして彼と知り合い、翌朝は一緒にスタジオ入りしていた。

モリッシーはいいやつだよ。

 

ジェフ・ベックは完ぺき主義者だ、というコメントについて)

ある種の「音楽的痙攣(けいれん)」が起きてしまうんだ(笑)

これは一種の精神状態かもしれない。

ほとんどの演奏家たちはのめり込み過ぎてしまうのだ。

音質、音の配置、コードなどに私たちは引き込まれてしまう。

私は退屈な演奏をしないようにしている

私の演奏というのはそういうものだ。

私は(演奏中に)とんでもない間違いをするときがあるが、もし“すばらしい間違い”であったらそれを頭の中に入れておいて、それを発展させるのだ。

 

Fender USA フェンダーUSA エレキギター Stratocaster UPDATE Jeff Beck Signature OW

 

ジェフ・ベック ライヴDVD