読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボブ・ディラン「Tangled Up In Blue」に出てくる「Delacroix(ドラクロワ)」とは?

ボブ・ディラン

ディランの代表曲の一つである「Tangled Up In Blue」に以下の歌詞がある。

 

So I drifted down to New Orleans
Where I happened to be employed
Workin’ for a while on a fishin’ boat
Right outside of Delacroix

 

ニューオリンズまで下って行き

そこで職にありつけた

ドラクロワから沖へちょっと行ったところで

漁船に乗ってしばらく働いた

 

ドラクロワ」と聞くと、普通は19世紀フランの画家ウージェーヌ・ドラクロワを思い出すだろう。

 

ドラクロワ画「民衆を導く自由の女神

f:id:musique2013:20140924161935j:plain

 

しかし、歌われているのはこのドラクロワではない。

 

ここに出てくる「ドラクロワ」はルイジアナ州にある直轄地域「ドラクロワ島」のことを指す。

 

「島」と言っても、実際には周りを沼地に覆われた場所で、現在は内陸から直結している道路も通っている。

 

海に近いことから、近くのニューオリンズにあるレストランに新鮮な魚介類を流通させ、19世紀ごろから漁業地域として栄えてきた。

 

ディランの「Tangled Up In Blue」で、「ドラクロワ島から沖へちょっと行ったところで/漁船に乗ってしばらく働いた」と歌っているのは、まさにこの漁業地域としてのドラクロワを描いたものである。

 

2005年、ルイジアナ州のほかの場所と同じく、ドラクロワもハリケーン・カタリーナの被害を免れることはなかった。

主要な建物は完全に破壊されてしまったという。

 

(ハリケーンの被害にあった直後のドラクロア周辺)

f:id:musique2013:20070624185946j:plain

出典:USGS Data Series 281: Satellite Images and Aerial Photographs of the Effects of Hurricanes Katrina and Rita on Coastal Louisiana

 

しかし、2010年までには新しい建物が建ちならび、町は元に戻ったようだ。

 

「Tangled Up In Blue」は今年2014年4月の来日公演の際にも歌われた。