読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポール・マッカートニーのルーツを探る ― バディ・ホリーの「ペギー・スー」

ポール・マッカートニーが音楽を始めたころ、エルヴィス・プレスリーらと並んで彼に影響を与えたミュージシャンはバディ・ホリーであった。

バディ・ホリーの曲の版権は、現在ポールが所有していることはよく知られている。

ポール・マッカートニーの音楽をより深く楽しむために、今日はこの曲を聞き比べてみたい。

<「ペギー・スー」についてのデータ>

原題:Peggy Sue

作詞/作曲:バディ・ホリー、ジェリー・アリスン、ノーマン・ペティ

プロデュース:ノーマン・ペティ

録音:1957年

リリース:1957年(シングル)

収録アルバム:『バディ・ホリー』(1958年リリース)

 

ポールはカバー・バージョンなどは正式にはリリースしていないが、いわゆる「Backyard Tapes」などと呼ばれているビデオで、この曲をアコースティック・ギターで歌っているのを見ることができる。

(2007年にリリースされた3枚組みDVD『McCartney Years』でも見ることができる。)

ザ・ベスト・オブ・バディ・ホリー