ポール・マッカートニー

ひとりで電車に乗り、過去のヒット曲をやり続けるポール・マッカートニー セットリストの選曲について語る

// 4月の来日公演の記憶も新しいポール・マッカートニー。 先日はロンドン発の電車に1人で乗っているところを目撃され、メディアで話題となった。 確かに、リラックスした様子のポールがいる。 新聞を読んでいたポールは途中で旧式のノキアの携帯を取り出し…

ポール・マッカートニー 2017年4月27日@東京ドーム セットリスト(および演奏楽器)

ポール・マッカートニー「One on One ジャパン・ツアー」東京ドーム公演初日のセットリストは以下の通り。 ()内はポールの使用楽器。 A Hard Day’s Night(ヘフナー・ベース) Junior’s Farm(ヘフナー・ベース) Can’t Buy Me Love(ヘフナー・ベース) L…

ポール・マッカートニー 2017年4月25日@日本武道館 セットリスト(および演奏楽器)

ポール・マッカートニーの「One On One ジャパン・ツアー」が4月25日の日本武道館公演で開幕した。 セットリストは以下の通り。 () 内はポールの使用楽器。 A Hard Day's Night(ヘフナー・ベース) Jet(ヘフナー・ベース) Drive My Car(ヘフナー・ベー…

ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ポール・マッカートニーが登場するフェスが実現へ

2016年4月は、ボブ・ディラン、ブライアン・ウィルソン、エリック・クラプトンが同じタイミングで来日公演を行い、私たち日本のロックファンにとってまさに夢のような時間であった。 しかし半年後の10月には、カリフォルニアでさらに夢のような週末が実現す…

ポール・マッカートニーがスティーヴィー・ワンダーと出会ったクラブ「スコッチ・オブ・セントジェームズ」

今から50年前の1966年2月3日、ポール・マッカートニーはロンドンのウェストミンスターにある「スコッチ・オブ・セントジェームズ」というクラブにいた。 そこではアメリカから来たモータウンの歌手が出演しており、彼の年齢はわずか15歳であった。 この写真…

ビートルズ『ラバー・ソウル』50周年 ジョージとポールの使用楽器を追いかける

// 1965年6月中旬、ザ・ビートルズはアルバム『Help!』のレコーディングを終えるとそのままスペイン、フランス、イタリアなどをまわるヨーロッパツアーを開始、ついでイギリスのブラックプールでのコンサート、そして8月にはアメリカやカナダなどをまわる北…

ポール・マッカートニー 80年代の名盤『Tug of War』と『Pipes of Peace』をリイシュー

2015年10月2日、ポール・マッカートニーは『Tug of War』と『Pipes of Peace』をリイシューする。 この2枚はポールの1980年代を代表する名盤であり、それぞれ1982年、83年と続けてリリースされた。 当初のポール本人の意志としては、これらを2枚組みにしてダ…

エルヴィス・ミーツ・ザ・ビートルズ その歴史的「会談」の様子

// 今から50年前の1965年8月27日、全米ツアーの最中であったザ・ビートルズの4人は、ビヴァリー・ヒルズにあるエルヴィス・プレスリー邸を訪ねた。 ロックの2大巨頭が一堂に会した、最初にして最後の面会であった。 この世紀の面会にあたり、録音や録画など…

ビートルズ 『Help!』 50周年 “4人はアイドル”からアーティストへの発展

1965年7月、ザ・ビートルズ2本目の主演映画『Help!』が公開された。続いて翌8月、5枚目のアルバム『Help!』がリリースされる。 『Help!』が公開された当時、前作『A Hard Day's Night』に比べると「内容がくだらない」「はしゃぎすぎ」などという厳しい声も…

ポール・マッカートニー『Twin Freaks』とエレクトロニカ・サウンド

今から10年前の2005年6月、ポール・マッカートニーはアルバム『Twin Freaks』をリリースした。 正確にはポール・マッカートニーと「フリーランス・ヘルレイザー」と名乗るDJとのコラボレーションである。 【ブートレッグDJとのコラボレーション】 このフリー…

ウィングス『ヴィーナス・アンド・マース』と幻の1975年日本公演

(http://www.rollingstone.com/music/albumreviews/venus-mars-20010503) 1975年5月27日、ウィングスは『Venus and Mars』をリリースした。 ウィングスとしては4枚目、ポール・マッカートニーによるビートルズ後のアルバムとしては6枚目のスタジオアルバム…

ポール・マッカートニーと「ライヴ・アット・ブドーカン」というイベントの歴史

View image | gettyimages.com 先日ポール・マッカートニーがビートルズ来日公演以来49年ぶりに日本武道館でライヴを行った。 これは日本のみならず、世界の音楽ファンの間でも特別な記念すべきイベントとして受け取られているようである。 多くのメディアで…

ポール・マッカートニー武道館公演 イギリスの音楽雑誌が「Another Girl」の世界初演奏を報じる

// イギリスの音楽雑誌『NME』(New Musical Express)はポール・マッカートニーの日本武道館公演を早くも取り上げ、「Another Girl」をライヴで世界初披露したことを報じている。 またこの武道館公演についてのポールのコメントも載っており、「日本でやっ…

ポール・マッカートニー 2015年4月28日@日本武道館 セットリスト(および演奏楽器)

ついに実現したポール・マッカートニーの日本武道館公演。これをもってポールの「Out There Japan Tour 2015」は幕を閉じた。 セットリストは以下の通り。カッコ内はポールの演奏楽器。 1. Can't Buy Me Love(ヘフナー・ベース) 2. Save Us(ヘフナー・ベ…

ポール・マッカートニー 2015年4月23日@東京ドーム セットリスト(および演奏楽器)

ポール・マッカートニー、約1年半ぶり、5回目の日本公演。 その東京公演が4月23日から東京ドームで開始された。 4月23日のセットリストは以下の通り。カッコ内はポールの演奏楽器。 1. Magical Mystery Tour(ヘフナー・ベース) 2. Save Us(ヘフナー・ベー…

ポール・マッカートニー来日 英国の大衆紙が伝える日本での歓迎

2015年4月20日朝、ポール・マッカートニーは日本に到着した。 このニュースは本国イギリスの一部メディアでも報道されており、大衆紙「The Daily Mail」は数多くの写真とともに、日本のファンによる大歓迎を紹介している。 なおこの記事では、4月28日に行わ…

ポール・マッカートニーのパーソナル・アシスタントが語るポールの使用楽器 (2013年来日公演でのインタビュー)

// 現在来日中のポール・マッカートニー。 彼が2013年11月に来日した際、イギリスの新聞「The Daily Telegraph」紙が東京ドームの控え室で取材を行い、ポールについての特集記事を掲載した。 その記事には、ポールのパーソナル・アシスタントと楽器のローデ…

ポール・マッカートニー死亡説とレンズ豆スープ

最近も話題になったが、1969年に「ポール・マッカートニー死亡説」がまことしやかに流れたことがあった。 (http://www.starsandstories.com/21-of-historys-greatest-hoaxes/) 今となればすべて無理やり作り上げられたような話ばかりだが、当時のファンや…

ジョン・レノン『ロックン・ロール』 ポールもカヴァーしている収録曲3曲について

ジョン・レノンのアルバム『ロックン・ロール』は1975年2月にリリースされた。 ビートルズの「Come Together」がチャック・ベリーの「You Can't Catch Me」の盗作だとされ、その出版権を持つモリス・レヴィが訴えを起こした。 最終的には和解による告訴取り…

ポール・マッカートニー  “I’m going back to Japan next year”

「ポール・マッカートニー:僕はウィルスにやられてから一週間に14ポンドも痩せてしまった」と題されたインタビュー記事が、2014年12月4日のイギリスの新聞「Daily Mirror」のウェブサイトに掲載された。 <a href="http://www.mirror…

ポール・マッカートニーが選ぶ 無人島に持って行くレコード

ポール・マッカートニーが1982年1月にイギリス・BBCの番組に出演し、「無人島に持ってい行くならどのレコード?」という興味深い質問に答えている。 全8曲には、エルヴィス・プレスリーなどの50年代のロックン・ロールのみならず、ジョンレノンの曲や自身の…

ポール・マッカートニー 「エピフォン・テキサン 1964年モデル」について語る その3

(「その2」から続く) 【父親の演奏していた音楽】 僕の親父がやっていた音楽はスキッフルでも、ブルースでも、ロックンロールでもなかった。 僕が生まれた時から聴いていたようなスタンダード・ミュージックだったよ。 「スターダスト」とかそういうやつだ…

ポール・マッカートニー 「エピフォン・テキサン 1964年モデル」について語る その2

(「その1」から続く) 【「イエスタデイ」などのフィンガーピッキング奏法】 みんな僕が正しいフィンガーピッキング奏法を身につけていると思っているけど、よく近づいてみると分かるけど、僕はそんなのはできないんだ。 ジョンと僕は正しいフィンガーピッ…

ポール・マッカートニー 「エピフォン・テキサン 1964年モデル」について語る その1

// ポール・マッカートニーが今でも「イエスタデイ」を歌うときに演奏するアコースティック・ギター「エピフォン・テキサン 1964年モデル」。 2004年にその完全レプリカである「ポール・マッカートニー・モデル」が製造され、限定発売された。 その時に行っ…

ポール・マッカートニーのルーツを探る 「カンザス・シティ」

ポール・マッカートニーが1988年に旧ソビエト連邦でリリースした『バック・イン・ザ・USSR』の一曲目は、ビートルズ時代にもカバーしていた「Kansas City」である。 もともとはロサンゼルス出身の二人の青年、ジェリー・リーバーとマイク・ストローラーによ…

エディ・コクラン「Twenty Flight Rock」について調べてみた

先日bayfmの深夜番組『Dig The Rocks』で、エディ・コクランの「Twenty Flight Rock」が紹介された。 有名な歌であるが、コクラン自身の歌がかかるのは珍しい。 以来、この曲にいて情報を集めてきた。 <ポール・マッカートニーのオーディション曲> おそら…

ポール・マッカートニーのルーツを探る ― バディ・ホリーの「ペギー・スー」

ポール・マッカートニーが音楽を始めたころ、エルヴィス・プレスリーらと並んで彼に影響を与えたミュージシャンはバディ・ホリーであった。 バディ・ホリーの曲の版権は、現在ポールが所有していることはよく知られている。 ポール・マッカートニーの音楽を…

ポール・マッカートニー 今後のツアーの予定

ポール・マッカートニーの「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2014」について、全日程中止との正式発表が行われた。 現在、おそらく都内のホテルで静養中と思われるポールだが、現時点で発表されている今後のツアー日程は以下の通り。 5月28日 ソウル・オリン…

ポール・マッカートニー国立競技場公演 会場で配布された中止のお知らせ(コピー)

5月18日に国立競技場で配布された、ポール・マッカートニー公演中止のお知らせのコピー。 (すでに昨日ウェブでもアップされていた内容と同じ。) 来日直前に大盛り上がりだった武道館公演は、今のところ開催予定と述べられている。 しかしファンとしては無…

【速報】 ポール・マッカートニー 初日公演を体調不良のため延期

本日5/17の東京・国立競技場公演に関するお知らせ http://t.co/5vs4UY4YmJ pic.twitter.com/vsKvYamBVV— Paul McCartney : 日本 (@PaulMcCartneyJp) 2014, 5月 17