読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフ・ベック 2017年1月30日@東京国際フォーラム

ジェフ・ベックの2017年来日公演が現在開催中。 東京公演は1月30、31日の2日間、東京国際フォーラムで行われている。 来日は(おそらく)通算16回目。 ジャパン・ツアーとしては2014年以来3年ぶりとなる。 もっとも2015年には「ブルーノート・ジャス・フェス…

ジェフ・ベックが『Blow by Blow』リリース時(1975年)に語ったインタビュー

まもなく2017年の来日公演が始まるジェフ・ベックは、最近でこそ自分のギタースタイルや音楽について饒舌に語るようになったが、かつてはあまりインタビューを受けなかったといわれている。 このインタビューは1975年11月の「Guitar Player」誌に掲載された…

ジェフ・ベック 『Loud Hailer』をめぐる近況を語る

ジェフ・ベックは7月15日、6年ぶりのスタジオ・アルバム『Loud Hailer』をリリースした。 最新インタビューRockceller Magazine「Jeff Beck: The Interview」では、このニューアルバムについて熱く語る様子が伺える。 この記事は72歳にして歩みを止めないジ…

【追悼】ジョージ・マーティン ジェフ・ベックを語る

レコーディング・アーティストとしてのビートルズを育てあげたその功績により、ジョージ・マーティンについては生前から多くが語られ、高く評価されてきた。 一方、この「第5のビートルズ」としての歴史があまりにも大き過ぎるために見過ごされがちなのが、…

ジェフ・ベック 2010年のインタビュー 「ライヴ演奏こそ音楽の王様」

(http://www.rollingstone.com/music/pictures/crossroads-2010-20100628/jeff-beck-24497084) 2010年3月、ジェフ・ベックがイギリスの新聞「The Daily Telegraph」のインタビューに答えたものを紹介する。 冒頭、インタビュー中のジェフ・ベックの様子が…

ジェフ・ベック 2015年9月25日@Zepp Tokyo セットリスト

2015年9月25日、ジェフ・ベック約1年半ぶりの来日公演が始まった。 今回は横浜で開かれるジャズ・フェスティヴァルへの参加が主目的の来日と思われ、それ以外では東京のZepp Tokyo、大阪のZepp Nambaでそれぞれ1回ずつ、計3公演が行われる。 初日Zepp Tokyo…

ジェフ・ベック 近年のレパートリー「Danny Boy」

ジェフ・ベックが1年半ぶりに来日する。 横浜でのフェスティヴァル参加に加え、東京と大阪のライヴハウスで比較的小規模なライヴをそれぞれ1回ずつ行う。 【民謡曲が起源の「Danny Boy」】 最近のライヴでは、「Hammerhead」や「Big Block」などのヘヴィーな…

ジェフ・ベックが使用した「ジャクソン・ギター」とは?

今から30年前の1985年7月、ジェフ・ベックはアルバム『Flash』をリリースした。 前作『There and Back』(1980年)以来5年ぶり、ソロ名義で活動を始めてから通算4枚目のアルバムとなる。 ジェフ・ベック自身はこのアルバムを「レコード会社がやらかしたへま…

ジェフ・ベックのニューライヴアルバム 『Jeff Beck Live+』リリースへ

ジェフ・ベックのニューアルバム・リリースの噂は、昨年2014年4月の来日の頃から聞こえていた。 一方、今回リリースが発表されたのは、スタジオ録音の新譜2曲を含むライヴアルバムである。 海外では5月19日にリリースされるが、日本では6月24日リリースの予…

ジェフ・ベック 70歳の誕生日に掲載された「ギター・ワールド」誌インタビュー(その4)

Q. 2010年の『Emotion & Commotion』で64人編成のオーケストラとレコーディングするというアイデアは、どのように発展していったのですか? 1966年にブライアン・マシューズ(イギリスのラジオ・ショー「サタデー・クラブ」のパーソナリティ)とやったインタ…

ジェフ・ベック 70歳の誕生日に掲載された「ギター・ワールド」誌インタビュー(その3)

Q. 過去のインタビューで、あなたは自分の演奏スタイルはヴォーカリストたちにインスパイアされたものだと言っていました。 ほかの楽器、たとえばペダル・スティール・ギターなどにも影響を受けていますか?あなたがスライドを使ったり、ヴォリューム・コン…

ジェフ・ベック 70歳の誕生日に掲載された「ギター・ワールド」誌インタビュー(その2)

Q. 同じくイギリスのスーパーギタリスト、エリック・クラプトンとツアーをしたとき、あなたたち二人の間で対立や競争などはなかったのですか? エリックと一緒に演奏できるのは、とても幸せなイベントだった。 長い時間がたって、彼は私を気に入ってくれてい…

ジェフ・ベック 70歳の誕生日に掲載された「ギター・ワールド」誌インタビュー(その1)

2014年6月24日、ジェフ・ベックのインタビューがウェブサイトに掲載された。 <a href="http://www.guitarworld.com/dear-guitar-hero-jeff-beck-talks-jimi-hendrix-british-blues-explosion-and-his-poor-man-s…

ジェフ・ベック ヤードバーズ時代のギター 「フェンダー・エスクワイア」について語る

フェンダーのYouTubeオフィシャルチャンネルで、ジェフ・ベックのインタビューが見れる(英語)。 かつて全世界で150本限定で生産・販売された「ジェフ・ベック・エスクワイア」にあわせて、ベック本人によるコメントが公開されたものだ。 逐語訳ではないが…

ジェフ・ベックが自分のキャリアを語ったインタビュー動画より 本人コメントを和訳

ジェフ・ベックが、おそらく2010年に『エモーション・アンド・コモーション』をリリースした頃に行った記者会見の動画と思われる。 音楽雑誌「Mojo」のYouTubeチャンネル「WatchMojo.com」より。 ジェフ・ベック本人のコメント部分の和訳を以下に掲載した。 …

エディ・コクラン「Twenty Flight Rock」について調べてみた

先日bayfmの深夜番組『Dig The Rocks』で、エディ・コクランの「Twenty Flight Rock」が紹介された。 有名な歌であるが、コクラン自身の歌がかかるのは珍しい。 以来、この曲にいて情報を集めてきた。 <ポール・マッカートニーのオーディション曲> おそら…

ギタリストChar「何度も観たいと思う演奏はジェフ・ベックだけ」(週刊朝日)

2014年5月30日号の「週刊朝日」に、ギタリストCharのインタビューが載っている。 「兄の影響でギターを弾くようになった。最初はヴェンチャーズをコピーしていた」というCharは、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックらからどのような影響…

ジェフ・ベックが影響を受けたアルバム6枚

ジェフ・ベックは5月13日から本国イギリスでのツアーを始める。 それに先立ち、先日の「デイリー・エクスプレス」紙で、今まで影響を受けた6枚のアルバムを挙げコメントしている。 このギタリストを形成したのはどのような音楽だったのか。 BB KING 『Live A…

ジェフ・ベック 最新インタビューでロッド・スチュワートとの共演の可能性を否定

ジェフ・ベックは、4月29日に発売された雑誌「MOJO」に掲載されたインタビューの中で、ロッド・スチュワートとの共演について可能性が低いことを示すコメントをしている。 記事によると、ジェフ・ベック自身はロッド・スチュワートとの共演には比較的前向き…

ジェフ・ベック 2014年横浜公演 セットリスト

先日「ジェフ・ベック@パシフィコ横浜(2014年4月14日) ライブ・レポート」で載せられなかった当日のセットリストを入手したので、遅ればせながら公開したい。 Loaded (新曲) Nine (新曲) Little Wing (Jimi Hendrix カヴァー) You Know You Know (新曲) …

ジェフ・ベック@パシフィコ横浜(2014年4月14日) ライブ・レポート

ジェフ・ベックの4年ぶりの来日公演も後半に突入。横浜公演についての覚書を残しておきたい。 すでに完成され、リリースも間近といわれる最新アルバムからの新曲と思われる曲が数曲含まれており、曲名の判然としないものもあるため、セットリストは後日追っ…

ジェフ・ベック 「Hammerhead」を再チェック

現在来日中のジェフ・ベックは、すでに最新アルバムを完成させており、間もなくリリースされるとのうわさもあるが、残念ながら日本公演の時点ではリリースに至っていない。 現時点で最新のスタジオアルバムは、2010年にリリースされた『エモーション・アンド…

ジェフ・ベック 4年ぶりの日本公演 本日(4月4日)からスタート

ジェフ・ベックの4年ぶりの来日公演が、2014年4月4日(金)のNHKホール(東京)を皮切りにスタートする。 全日程は以下の通り。 2014.04.04(金) NHKホール(東京)2014.04.05(土) あましんアルカイックホール(大阪)2014.04.07(月) TOKYO DOME CITY HALL(…

ジェフ・ベック 日本独自企画のEP盤 『YOSOGAI』 発売

2014年4月4日から日本公演をスタートさせるジェフ・ベック。 今回の来日にあわせ、未発表曲2曲、ライブ音源1曲を収録したEP盤『YOSOGAI』が4月5日にリリースされる。 MP3ダウンロードは本日4月2日から配信開始。 収録曲は以下の通り。 1. ローディッド(新曲…

ジェフ・ベック ニュー・アルバムを作成中

今年4月に来日が決定しているジェフ・ベック。昨年末、自身のウェブサイトで現在ニュー・アルバムの作成中であることを明らかにしている。 「ブライアン・ウィルソンとのツアーの後、短期間の十分な休暇をとったジェフは、現在新しいバンドとスタジオにこも…

ジェフ・ベック・グループ 「Jeff Beck Group」

「Jeff Beck Group」はまさにジェフ・ベック・グループのアルバムである。このグループはメンバー編成によって第1期と第2期に分けられるが、このアルバムは第2期(マックス・ミドルトンやコージー・パウエルが在籍)の2枚目にして最後の作品。 アルバムジャ…

ジェフ・ベック 「Behind the Veil」

2014年4月に来日が決定しているジェフ・ベックのアルバム「ギター・ショップ」から。 「ギター・ショップ(Jeff Beck's Guitar Shop)」はジェフ・ベック5枚目のソロ・アルバム。1989年10月にリリースされ、ビルボード200で49位を記録。翌年1990年にはグラミ…

ベック・ボガート&アピス 40周年

伝説のロックバンドと呼ばれるバンドは、往々にしてエゴのぶつかり合いで終わってしまうものなのであろうか。 おそらくすぐれたミュージシャンというのは自己主張の強い人も多いのだろう。自己主張が強いからこそ、すぐれたパフォーマンスをすることができる…